ホーム  > 一般の方向け情報  > ジェネリック医薬品について  > 3. ジェネリック医薬品を希望する方へ

背景色

3. ジェネリック医薬品を希望する方へ

Q3-1 ジェネリック医薬品を処方・調剤してもらうには?

かかりつけの医師や薬剤師にジェネリック医薬品を希望していることをお伝えください。また、「ジェネリック医薬品希望カード」や「ジェネリック医薬品希望シール(おくすり手帳や保険証に貼付けられます)」を利用するのも良いでしょう。

解説

ジェネリック医薬品は、医師の処方箋にしたがって医療機関や保険薬局で調剤されるおくすり(医療用医薬品)で、市販薬(一般用医薬品)のようにご自分で購入することはできません。
また、すべてのおくすりにジェネリック医薬品があるとは限りませんので、医師や薬剤師にご相談ください。

《病院・診療所でお薬をもらう場合》

病院や診療所を受診した際に、ジェネリック医薬品を希望していることを伝えましょう。直接伝えにくい場合は、受付で診察券と一緒に「ジェネリック医薬品希望カード」や「ジェネリック医薬品希望シール」を提示してご相談いただくのも良いでしょう。

《保険薬局でお薬をもらう場合》

病院や診療所で処方箋を受け取った場合は、保険薬局でジェネリック医薬品を調剤してもらいます。処方箋は全国どの保険薬局に持っていっても構いません。 「ジェネリック医薬品希望カード」や「ジェネリック医薬品希望シール」を提示することも可能です。

ジェネリック医薬品希望カード
ご希望の方はここをクリック

Q3-2 今飲んでいるおくすりにジェネリック医薬品はあるの?

A

当協会ホームページ内の「一般向けページ」の「かんたん差額計算」で、服用されているおくすりにジェネリック医薬品があるかどうかの確認ができます。さらにジェネリック医薬品に切り替えた場合のおくすり代の差額を確認することもできます。
また、スマートフォンからも同様に確認出来ます。

JGAかんたん差額計算 ジェネリック医薬品に切り替えたときのお薬代(差額)をかんたんに計算

スマートフォン用サイト公開 スマートフォンでジェネリック医薬品の情報検索や差額計算ができます。